原鶴温泉に行くなら食べたい料理

原鶴温泉に行くなら食べたい料理

原鶴温泉に行くなら食べたい料理 福岡を代表する観光地・原鶴温泉に訪れるなら、「ひつまぶし」「五平餅」の2つの料理は食べておきたいところです。
「ひつまぶし」とは混ぜご飯の一種で、原鶴温泉を流れる朝倉川で採れる鮎の身とワラビ・シメジといった山菜をご飯に混ぜています。
薄口醤油で味を調えており、おかずがなくても食が進むと言われるほどの美味な料理です。
このご飯は原鶴温泉郷にある数多くの旅館の夕食または朝食で必ず提供されるので、宿泊をした場合は1度は口にすることでしょう。
「五平餅」も原鶴温泉の名物で、温泉郷にある土産物店の店先で購入できます。
一般的な五平餅とは異なり、もち米の中に砂糖で味付けをした粟が入っているのが特徴です。
醤油と砂糖の味を染み込ませた焼餅で、手のひらサイズという大きさから昼食に食べる方もいるほどです。
この「五平餅」は食べ歩きができるように串に刺さっているので、温泉郷を散策しながらお友達とシェアをして味わうのも良いでしょう。

原鶴温泉でお腹もお肌も満たされるおススメのホテル

原鶴温泉でお腹もお肌も満たされるおススメのホテル 福岡県と大分県の県境に流れる筑後川のほとりに位置している、静かな温泉郷原鶴温泉をご存じでしょうか。
原鶴温泉は、九州の玄関口と言われている博多から車で1時間ほどの場所にあり、ダブル美白の湯と呼ばれるに相応しく、古い角質を落とす性質と美白効果があるお湯となっています。
この原鶴温泉のおススメのホテルを紹介します。
おもてなしの心を大切にをモットーとしている宿は、創業80年の歴史を誇り、かけ流しの天然温泉はもちろん、客室からの眺望と和と洋のテイストを取り入れたコース料理が自慢です。
筑後川と夜には星空を眺められる露天風呂を完備し、40℃以下のぬるめのお湯となっていますので、身体を芯から温めることができるので冷え性でお悩みの方の改善にも役立ちます。
そのほかにも陶器風呂・樽風呂・土風呂の3つの家族風呂があるため、プライベートなお風呂を楽しめます。
また、宿泊に限らず、日帰りの入浴と昼食を楽しめるプランも用意しており、季節の旬の素材を使ったコース料理も堪能できるのも魅力です。