個性的で趣きのある宿が多い

個性的で趣きのある宿が多い

個性的で趣きのある宿が多い 原鶴温泉は、九州一の大河である筑後川に面した温泉街です。弱アルカリ性単純泉と単純硫黄泉の2つの泉質を合わせ持つ温泉で、美肌の湯として知られています。アルカリ性の泉質は皮膚を柔らかくして皮膚表面の角質を落としやすくしてくれます。
また、保湿作用のある重曹成分も含まれているので、肌をしっとりと潤わせる効果もあります。原鶴温泉は比較的規模の小さな温泉街ですが、純和風の旅館からモダンな雰囲気のホテルまで個性的な宿が揃います。
筑後川では5月から10月にかけて鵜飼いが行われており、観光客も大勢訪れます。屋形船にのって伝統的な鵜飼いを眺めれば、日本の伝統文化を感じることができます。
それから季節の花々も楽しむことができ、ひまわりやコスモス、菜の花等が咲き誇りその時期ならではの景色を見せてくれます。周辺には観光農園などもあり、フルーツ狩りも楽しめます。ブドウや柿などのフルーツ狩りが行われていて、旬の果物を楽しむのに最適です。

福岡県でオススメの、観光もできる原鶴温泉

福岡県でオススメの、観光もできる原鶴温泉 福岡県の原鶴温泉は大分県との県境の朝倉市にあり、筑後川に面する温泉街です。
由来については、漁師が雪が積もらない場所があり温泉を発見した説や、怪我した鶴が傷を癒して浸かった場所が温泉だったという説などがあります。遅くとも135年以上前にはあったようです。
源泉数は34本もあり、毎分3000リットルもの温泉湧出量は福岡県で最大の豊富な湯量です。泉質は滑らかでトロッとしていて、古い皮脂や角質を洗い流すアルカリ性温泉の特徴と(pH8.5以上の弱アルカリ性単純泉)、メラニンを落とす硫黄成分で(単純硫黄泉)、ダブル美白の湯と言われるほど美白効果があります。
原鶴温泉の観光としては、筑後川で鵜飼という伝統的な漁法があり、毎年5月から10月の間に漁が開催されます。鵜が鮎を捕る様子を屋形船から見ることができ、とても風流なイベントです。
このように冬だけでなくても楽しめる原鶴温泉では、観光農園ではフルーツ狩りもできますし、四季折々の花や自然があたたかく迎えてくれます。