原鶴温泉の魅力に迫ります!

原鶴温泉で特徴的な客室がある旅館

原鶴温泉で特徴的な客室がある旅館 九州の秘湯として名高い原鶴温泉は、2000年頃から若い女性客が多く訪れるようになりました。
これは各メディアで原鶴温泉は美肌効果のある源泉が湧き出ていると報じられたことに起因しいており、温泉街は今では若い方向けの施設も多くなってるほどです。
その中でも2005年に新規オープンした旅館では、特徴的な客室を備えて話題となりました。
その客室とは「色彩の間」と呼ばれており、12畳の部屋の真正面に朝倉川の渓谷が広がっているのが特徴です。
5月から8月の間は新緑が室内からでも見られて、宿泊客は大自然と一体になったような感覚を味わえます。
この部屋の目玉は秋であり、10月の終わりから12月上旬の1か月間は真っ赤に染まった紅葉を目にできます。
年間を通してさまざまな彩りの木々を見られることから、「色彩の間」と呼ばれるようになりました。
この部屋は非常に人気があり、予約を取りにくくなっていますが原鶴温泉を訪れたら一度は泊まってみたいところです。

原鶴温泉のおすすめの食事はどのようなものか

原鶴温泉のおすすめの食事はどのようなものか 原鶴温泉は福岡県の温泉地であり、福岡県と大分県の県境にあることから静かな雰囲気の食事処が多いです。
鵜飼いが有名であり、福岡名物のだご汁はもちろんのこと、和食や洋食の名店も多く様々な料理を楽しむことができます。
特に原鶴温泉近くにおいて多いのが手打ちそばやうどんの食事処です。
郷土料理のアユの塩焼きや甘露煮、筑前朝倉蒸し雑煮なども堪能することができ、原鶴温泉がある朝倉市の名物の甘柿、富有柿を使用したお菓子も有名で、特に富有柿を蜜につけてつくった餡を包んだお饅頭はお土産としてよく食べられています。
山間にある温泉地であり温泉地ではさほど広くはありませんが、温泉が湧き出るのは福岡県の中でも多く、美肌の湯としても知られています。
季節の野菜や果物をふんだんに用いた創作料理や、福岡県を中心とした九州地方でとれる肉や魚を用いた料理が数多くあり、料理に飽きることはありません。
一つ一つの料理が丁寧に造られているのが良く分かる温泉地です。